阪神ロジテム株式会社
プロフィール
出身:兵庫県尼崎市
趣味:野球観戦、ゲーム、漫画、競馬
ランニング、お酒、テレビ、読書、旅行
職場での呼ばれ方:あさやまさん、あさやまくん、しゅにん
ある1日のスケジュール
6:20出社(自転車通勤)
6:30 社用車で点呼場へ移動
6:45 点呼場へ到着
6:50 点呼。随時ドライバーが出発
8:00 最終ドライバーの出発を見送り、営業所へ
8:30 デスクワーク開始。出庫作業、返品処理、電話対応、クレーム対応、担当者への指示出し、現場の確認
12:00 昼食(デスクにてお弁当)
13:00 デスクワーク再開
16:00 現場作業の進捗確認。
18:00 現場で積込作業、入庫作業、出荷作業の応援
20:00 作業完了を見届けて、上司に報告し帰宅。
Q. 入社動機と入社して自分が変わった・成長したと思うことを教えてください
A. 私は生まれも育ちも兵庫県の尼崎市です。学校も大学まで兵庫県内の学校でした。
就職する際も、地元の企業に就職したいという思いが強くあり、地元の阪神が社名に入っている阪神ロジテムに入社しました。物流業界のことはまったく知らずに入社をしました。実際に仕事をしてみると、物流という仕事は目立つものではないが、無くてはならないものだと実感しました。当たり前のように買い物をしているものも物流が無いと当たり前ではなくなるのだという事が仕事をしてわかりました。普段の生活が誰かの仕事によって支えられているのだとわかりました。
Q. 仕事の内容と仕事で大切にしていることと、やりがいを教えてください
A. 私は倉庫管理事務のリーダーをしています。主な仕事は入出庫の管理。営業や工場と物流倉庫のパイプ役を担っています。私が最も大切にしている事は人と人とのつながりです。現場の作業は何をするにも人の手がかかります。現場の作業を知り、相手の気持ちをよく考えて、コミュニケーションをしっかりと取り、協力して成果を上げることを大事にしています。一人で頑張るのではなく、営業所全体でチームとして成果を上げることが一番のやりがいです。
Q. 将来の目標を教えてください
A. 私の目標は人事担当部署の設立です。現在、新卒採用プロジェクトとして、「ガラパゴスプロジェクト」が発足され、そのリーダーを任されています。営業所で業務に従事しているだけでは新卒採用に関わる事はなく、貴重な経験をさせて頂いているな、という思いと共に、新卒採用の難しさを肌で感じています。会社が続いていく為には新しい人財が必要不可欠であり、永遠のテーマです。プロジェクトリーダーとして学んだことを昇華させ、人事担当部署の確立が私の使命であり目標です。
Q. 仕事の後のプライベートはどのように過ごしていますか?
A. 私はプロ野球観戦が大好きです。父親が大の阪神ファンだったこともあり、子供のころからよく見ていました。
シーズン中は、家に帰るとすぐにテレビをつけて家族と見ています。
阪神ロジテムでは、福利厚生の一環として、阪神甲子園球場の年間指定席を2席確保しており、応募すれば見に行くことが出来ます。非常に見やすい席を確保してくれており、私は毎年、この制度を使ってプロ野球観戦を楽しんでいます。